FC2ブログ

新たな酒米

2010年10月16日

ちょっと前の新聞に、山形の新しい酒米「山形酒104号」の記事が掲載されていました。

この「山形酒104号」とは、山形県の工業技術センターが約30年をかけて開発した最高級酒米なんだそうです。

「出羽燦々」と同じく山形のオリジナル酒米として売り出し中の「出羽の里」と、宮城を代表する酒米「蔵の華」のかけあわせで誕生しました。

「山田錦」に対抗できるほどの質を誇りながらも価格は安く抑えられるといいます。

つまり、最高にウマくてリーズナブルなお酒が出来るということです。

私たち飲み手にとっては非常にうれしい限り。

「山形酒104号」自体は、今年9月に試験米が収穫されたばかりとのことでしたので、実際の製品化まではもう少しかかりそうですね。

これからますます山形の地酒からは目が離せません。

スポンサーサイト